消費者金融一覧

一番有利な条件で融資を引き出せる金融業者を検索

同じお金を借りるのなら、少しでも条件の良い消費者金融で借りなければ、後々の損になります。損をしないように、各金融会社の融資条件を比較することから始めましょう。まず比較する項目は貸付金利です。これは少しでも低い金利で借りたいものですが、最初の取引から最低金利での融資は難しいのが実情ですので、借りる前に問い合わせをすることも必要です。

それともう一つ重要な項目は審査基準です。甘ければ確実に審査には通るでしょうが、審査の甘さと金利は反比例するのが常識です。審査が甘ければ金利が高く、逆に審査が厳しければ金利は低くなります。そのあたりをよく吟味して、自分が借りれる範囲の中で最も条件の良い金融業者を選びましょう。

借りやすさで選ぶなら中堅消費者金融が一番

大手ほど審査が厳格でないことから、最も借りやすい庶民の味方が中堅消費者金融です。大手ほど金利は低くないものの、大手に準ずる金融サービスが期待でき、審査基準においては大手で審査に通らなかった人でも審査に通るといわれています。

中堅
 金利の水準  15.0%〜18.0%
 審査の基準  柔軟対応
 融資の対象  大手不可の方、借入件数3件〜6件程度
 申し込み方法  スマホ、PCから24時間申し込み可能
ライン

甘い審査で選ぶなら中小以下の消費者金融

一番審査が柔軟対応なのが中小以下の消費者金融です。その名の通り、中堅業者よりも規模が小規模なのと、中堅消費者金融で借りれなかった人を融資の対象としていることから、かなりの柔軟審査が期待できます。ただ、中堅業者の審査に通らなかったことは、かなりの債務を抱えていることが想像できますので、申し込みの前には、債務整理を含めてよく検討したほうがいいかもしれません。

中小
 金利の水準  18.0%〜20%
 審査の基準  甘い、極甘
 融資の対象  中堅不可の方、多重債務者
 申し込み方法  スマホ、PCから24時間申し込み可能
ライン

低金利が魅力の大手銀行カードローン

もともとは大手の消費者金融(アコム、プロミス、レイク、モビット、アイフル)を大手メガバンクが資本参加をして、銀行傘下となったのが現在の銀行カードローンです。したがって、知名度や資本力などは中堅業者では太刀打ちでいないほど高く、低金利や無利息ローンといったサービス面においても他の追随を許さないほど充実しています。

大手
 金利の水準  3.0%〜12.0%
 審査の基準  普通の方なら標準審査
 融資の対象  借入件数3件未満
 申し込み方法  スマホ、PCから24時間申し込み可能