消費者金融

借り過ぎによる怖さ

消費者金融でお金を借りるという行為は、自分の未来所得の前借りのようなもので、そにれよって豊かな生活を手にすることが出来れば、借りる側にとっても貸す側にとっても有意義なことです。

借りる側は豊かな生活を手に入れ、貸す側は金利を受け取ることで利益を得ることが出来ます。

また、どうしても緊急にお金が必要な場合でも、いつでも借りれる金融会社の存在は有り難いものです。カード一枚作っておけば、24時間いつでもお金を引き出せるからです。

ただ、そういったメリットの他に、デメリットも少なくないのが消費者金融の怖いところです。デメリットによって生活を破壊されたり、あるいは自己破産の憂き目に遭ったという人も少なくありません。

いつでもお金を借りれる打ち出の小槌のようなカードが手元にあれば、ついつい借りてしまうのが人間の性です。

あくまでもキャッシングをするのは自己判断による自己責任ということを肝に銘じて、自己管理を徹底したうえでお金を借りるようにしましょう。

デメリット

以下は消費者金融でお金を借りる際のデメリット項目です。

  • 借り過ぎによる多重債務
  • 金利負担が重く圧し掛かる
  • 精神的なプレッシャーとなる

一番怖いのは、必要でもないのにお金を借りてしまうことです。借金という感覚が希薄してしまって、あたかも自分のお金のように錯覚してしまうのは、多重債務への入り口です。過度に金融会社を利用することは、生活破綻を招くことになります。