返済不能

0ローンの返済が不可能になったら

カードローンは借りやすくて便利な金融商品ですが、銀行やコンビニのATMで簡単に借りれてしまうことから
、ついつい借り過ぎてしまう傾向になってしまいがちです。自分の支払い能力を超える借り入れをしてしまった
場合、返済不能に陥ってしまう危険性もあります。

そうなってくると、本人にしても金融業者にしても、双方が不幸な展開を迎えることになってしまいます。

通常、カードローンの支払いは自動的に銀行口座から引き落とされますが、引き落とすだけの残高がなければ支
払い不履行となってしまいます。そうなると、当然金融業者は催促の電話をかけてきます。電話が通じなければ
郵送による「未入金のお知らせ」のはがきがきます。それでも入金をしなければ、内容証明にて催告通知、そ
して最終的には法的措置が取られることとなります。

こういった一連の督促を受けることは、普通の神経を持っている人なら大きな精神的負担を強いられることにな
ります。勿論、支払いを不履行にした自分に責任があるわけですが、支払えないものは仕方ありません。

督促を回避するためには、こちらから先に連絡をして、支払いが出来ない旨を説明することが重要です。その際
には必ず金融業者は、いつまでになら支払えるかを聞いてきますので、予め金策が可能となる日を算出しておき
ましょう。

0

期限の利益の喪失

支払い可能な日を示しておけば金融業者も黙って引き下がりますが、支払い可能な日が示せない場合は金融業者
も手段を講じてきます。もはや支払い不能状態だと認定されて一括払いを要求してきます。

これは期限の利益の喪失によって、分割払い契約が破棄されることで、残りの残金を一括で支払うよう請求して
くるものです。

しかし、現実的には一括払いなどできるものではありませんので、あきらめずに再度の分割交渉をしてみましょ
う。金融業者も債務整理をされてしまうことを恐れていますので、支払いの意思を見せておけば、必ず交渉の椅
子に座ってくるはずです。

ただし、返済を遅延したことによる遅延損害金の支払いは免れません。契約条項で定められている以上、支払い
のが遅れた日数分の損害賠償金を支払う義務が発生します。