金融

カード犯罪について

カード犯罪とは、他人のカードを偽造して他人に成りすまして使用することです。近年では、他人のクレジット
カードを偽造して、複数の人間が一斉に現金を引き出すという事件が発生しました、あの事件は最も悪質なカー
ド犯罪といえるでしょう。

カードの偽造で最も多いのは、貴金属店やディスカウントストアなどが多く、その他にも家電販売店、ガソリン
スタンドといった被害も報告されています。

カード偽造の方法

偽造の方法は、近年ではICチップが埋め込まれたカードの登場で減りましたが、それまでは、スキミングと呼ば
れる手口で、カードの磁気部分の情報を読み取って、そこの部分に記載されているカード番号などの重要情報を、
そのまま別のカードにコピーするという手口で偽造カードが製造されていました。

スキミングは手のひらサイズの大きさのスキマーと呼ばれる機器に、カードの磁気部分を通すだけでデータをコピー
できるわけですが、実際にスキマーを制作するには高度な技術が必要のため、大掛かりな組織組織が介入していたと
いわれています。

犯罪者たちは、偽造カードを使って高額な商品を購入し、ディスカウントストアなどへ商品をさばいて現金に換えてい
たわけです。

スキミングは窃盗とは違って、本人が気づかない間にカード情報のみ盗まれますので、盗まれた本人も請求書が来て
から初めて気が付くパターンが殆どです。したがって通報するのも遅れてしまって、犯人を見つけるには至難の業と
なってしまいます。

カード犯罪の実害

ただし、カード偽造による不正使用の場合、殆どは保険でカバーされますので、カードの所有者は直接的な被害は被
りません。

また、カードを使用して商品を購入された店舗にもカード会社から代金が支払われますので、結局のところ実害を被
るのはカード会社のみというのがカード被害の特徴といえるでしょう。